1st二日目の逢田梨香子さんと2nd初日の逢田梨香子さんの話

「今日一曲目でいきなり歌詞間違えちゃって! 私のソロパートなのに善子ちゃんとこの歌詞歌っちゃったの。なんかもう私ね、やらかす運命なんだと思う。でも、もういいんだ! それも含めて私だから!(笑)」

 アンコール後、最後のMCでの逢田梨香子さん。うろ覚えだけども大意としてはこんなようなことを言っていた。

 

 8月6日。『Aqours 2nd LoveLive! HAPPY PARTY TRAIN TOUR』初日、名古屋公演のライブビューイングを観てきた。

 盛りだくさんの内容を順序立ててレポにするのは非常に大仕事なので、どうしても文章にしておきたいことだけ。上の通り、逢田梨香子さんのアンコール後MCについての話である。「やらかす運命」って、前にも何かあったのか。1stライブの二日目を観ているという前提で話を進めていくので、何のこと言ってるか分からないという方はググるなりなんなりして頂けると幸いです。

 

 さて、今回の一曲目「HAPPY PARTY TRAIN」で逢田さんが歌詞を間違えた時、正直なところドキッとしたという人、結構多いのではなかろうか。逢田さんは堂々と笑顔で一曲目を、そしてライブを終えてくれたが、あの瞬間色々な記憶が蘇りかけはしなかっただろうか。自分はした。でも、今回のMCを聴くためにこのちょっとしたミスがあったのだと思うと、本当によかったと感じる。神の思し召しかと思うくらいである。

 MCでは、今回あったことも笑いに変えてくれて、1st二日目でのあのことも少し匂わせつつ、それも笑い飛ばした。

 自分は不思議と、何か肩の荷が下りたような気持ちになった。一観客に過ぎないのだけど……1stでのあのアクシデントを心のどこかでずっと引きずっていたし、ずっと心配していた。それが解き放たれたような思いがしたわけである。

 

 どうしても上から目線な物言いになってしまうけど、あそこからの立ち直り方として「二度と失敗をしない」逢田さんにはなって欲しくなかったという思いがずっとあって、ちょっと失敗しても強引に気にせず続けちゃうような力が大切だよなぁ……と、折にふれて考えていた。好きなバンドの面々の顔なんかを思い出しながら。

 そんなのは自分のような者が心配するまでもなくプロである逢田さんはわかっていたし、そうでなくてもたくさんのプロの集まる現場なんだからスタッフの皆さんもきっとよく話し合ってくれたのだろう。完全に杞憂だった。

 ただ、もし、今回のライブを逢田さんが完璧にこなしていたら自分の杞憂はずっとそのままであったはずだとも思うのである。自分が心底安心するためには、少し失敗して、その上でへこたれない逢田梨香子さんを見るしか道がなかったのだ。とはいえ、そんな機会は訪れないだろう……と思っていたところ、今回一曲目のことがあり、そのまま笑顔で歌いきった逢田さんを見てまずはホッとし、さらに最後、アンコール後のMCを聴きながら、心から救われた、と思った。

 ちょっとした巡り合わせを感じずにはいられなかった。ツアー初日。一曲目。そんなタイミングでこんな出来事があった。僕はすごくドラマを感じる。

 

 自分と同じような杞憂を持っていたAqoursファンは少なくないのではなかろうか。

 それを受けて初日の一曲目でこの小さな失敗があったことは僕は本当によかったと思う。他のどのタイミングよりもここが良かった。

 逢田梨香子さんのプロとしての有り様に、心から感謝と敬意を表したいです。

 

 いーいツアーになるぞー!